昆虫病原糸状菌に感染死した昆虫

昆虫病原糸状菌とは、糸状菌の内、昆虫に感染して病気を起こすものの総称。
昆虫の体表にカビ状の菌糸を作る。この菌による感染症はカビ病とも呼ばれる。
養蚕業等に被害を与えてきた一方、近年では生物農薬としての研究も進められ
ている。 

昆虫病原糸状菌のうち、昆虫の体から水分を奪って殺し、体を硬化させるものを
僵病菌(きょうびょうきん)と呼び、それによる病気を僵病と呼ぶ。硬化病とも
呼ぶ。感染した昆虫の死骸は乾燥してミイラ状になる。

「昆虫病原糸状菌」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』2011年6月1日





1
アオバハゴロモ..... 2010.9.7



2
アオバハゴロモ…….. 2010.10.12



3
2010.10.13



4
2010.10.23



6
2009.8.26



8
2009.7.10



不気味


ボーベリア菌(昆虫病原糸状菌の一種)に関して参考になるホームページをご紹介します。

農と自然のさんぽみち