哀しい話 

朝早くから夕日が落ちるまで,ただひたすら農作業に明け暮れていた花子(仮名)さん。 寡黙で、隣組の集会にも雑談に加わらず、いつも黙って聞き手になっていた花子さん。 自分の田畑だけでなく、人の田畑の農作業も手伝っていた。背骨がS字に曲がっていた。


2009.6.2


来る日も来る日も一日中まるで憑かれてように働いていた


2010.7.5




3
妹さんと農作業を終えて。 2010.10.1

花子さんには娘さんが三人いた。二人は村外に嫁いで行った。 長女のN子さんと二人で暮らしていた。N子さんは勤めに出ていた。 花子さんは数年前から認知症の症状をみせるようになった。 N子さんは勤めを辞め介護に専念した。献身的に介護しておられた。 そのN子さんがこの夏に突然救急車で病院に運ばれた。ガンだった。 花子さんは村外の娘さんの家で介護されることにになった。 花子さんは生まれてこのかた自宅以外で生活したことがなかった。 結婚は婿取婚だった。「家に帰る」と言って聞かなかったという。 認知症がすすみ、娘さんは手に余り病院に入れた。 花子さんにはごく近くに嫁いだ妹さんがいた。 妹さんと一緒に野良仕事をしているのをよく見かけたものだった。 その妹さんが「見舞いに行くと帰ると言うだろうから見舞いに 行かない ・・・ 姉さんがかわいそう」と涙を流した。 私はN子さんのお見舞いに行った。 女性として辛く哀しい臓器摘出の手術にも気丈に耐えて 明るく私に応対してくれた。   数年前に撮った花子さんの笑顔の写真を差し上げた。 写真を見て急に泣き出した。 やはり私は無神経なことをした気がした。 N子さんが退院した。 しばらく家で養生してからもう片方の摘出手術をする予定。 「予定より早く、今日入院することになりました」と挨拶に見えた。 明るい笑顔を見せてくれた。 まだ連日の猛暑が続いていた。早く入院できてよかったと思った。 手術後8日してお見舞いに行った。 手術に6時間かかったとお聞きした。 明るかった。お元気だった。順調に回復しているように見えた。 花子さんのことが気になってるが聞くことはできなかった。

以前、N子さんに私の介護体験からこんなことを言ったことがある。 「出来るだけお母さんの手をつないであげてほしい。もし顔の記憶を なくすようなことになっても、手の感触は覚えているものですよ」。 散歩のとき、N子さんが手をつなごうとすると嫌がったという。

そして一昨日退院した。家事を一人でなさっている。 近々抗がん剤治療が始まるという。副作用が心配。

福祉行政の貧困を思う N子さんは介護だけでなく、生活にもたいへん苦労されていた。 苦悩といっていい。苦悩がガンの引き金になったかもしれない。 もし、行政が何らかの支援していれば、相談にのっていれば、、、 花子さんも入院するような事態にならなかったかもしれない。 福祉行政の貧困を強く思う

2013.9.7