更新遅くなり申し訳ありません
私の今日この頃 23
2019年12月 ( 記 2020.1.6 )



	78歳になりました。
	
	軽い腰痛が頻繁に起きるようになりました。
	年末に散らかし放題の玄関先を片付けていたら、
	寒気がし風邪を引いたようです。
	
	くしゃみと水っぱながひっきりなしに出ました。治ったら
	蓄のう症のような濃い粘液の鼻水がときどき出るようになりました。
	一瞬の頭痛が時折おきます。熱気はありません.
	そのうちに治るでしょう。
	
	肉体の衰えを強く意識する今日この頃です。



        


                          2019.12.9  



	高齢者生活支援ヘルパー
     
	
	11月末に地域包括支援センターに新しく赴任した大津志摩さんが
	挨拶に見えた。室内は足の踏み場のないほどに乱奪に散らかっていた。
	
	私は縁側に座り、大須さんは外に立ったまま寒い中長時間話した。
	彼女は不快に感じることなくとても気を使ってくださった。
	
	訪問ヘルプサービスの申請を助言くださった。
	12月16日から週一回ヘルパーさんが掃除してくださることになった。
	(45分223円)
	週一回配食サービスも受けることとなった。(一食400円)
	ありがたいことです。
	
	
	
	
	一時停止違反そして臨時認知症検査	  
	
	11月28日 幹線道路に入る信号のない交差点にさしかかり、
	徐行し右を見ると赤線号で車が止まっていた。
	急いで左折した。
	
	パトカーがいた。
	一時停止違反ということで青切符を切られた。
	安全確認して左折したのに、、、
	年配の警官だった。平身低頭だった。 
	
	12/6 臨時認知症検査の通知書が届いた。 
        高齢者が交通違反(事故)したら、再度認知機能検査が課せられる。 
	
	筑後自動車運転試験所に検査の予約電話をした。
	担当の女性職員はとても優しく明かるく対応してくださった。
	本当に警察職員? と思うほどの親切で洗練された対応だった。
	
	12/19 試験場は何度も行っているのに、また迷った。
	幹線道路から試験場までの横道がわかりにくい。
	
	認知症検査に不安があった。
	検査は以前受けた問題形式とまったく同じだった。
	ほっとした。90点を頂戴しました。
	
	
	高齢運転者支援サイト 
        認知機能検査の方法及び内容 
	http://www.zensiren.or.jp/kourei/what/what.html#what01
	


コガタスズメバチ  死出の旅 スズメバチは巣外で死を迎える。 12月7日 巣の直下から2mほど破たれたところにスズメバチがいた。 1 2019.12.7 16:28 動かなかった。砂糖水を与えてみた。 2 2019.12.7 16:39 飛ぼうとしなかった。体が冷えているのだ。 で、ケースに入れて暖房の室内に入れた。 3 2019.12.7 16:50 しばらくすると飛んだ。 4 2019.12.7 17:29 パソコン机の上の蛍光灯に止まった。 蛍光管の温度は36度ほどだった。 スズメバチの暖房に丁度いい。 一晩そのまま消さずにしておいた。 翌朝、机の下にいた。 5 2019.12.8 7:19 寝るには明るすぎたのだろう。 体が冷えていた。 縁側に日光が当たるまで待った。 6 2019.12.8 11:41 ガラス戸を大きく開けて、直射日光に当てた。 7 2019.12.8 11:44 すぐに飛ぼうとしたが、まだ十分に体が温まっていなかった。 8 2019.12.8 11:49 しばらく動かずじっと日光浴をしていた。 そしてようやく飛んだ。 巣には戻らなかった。 巣の下を通って勢いよく飛んで行った。 嬉しげに飛んで行ったように私には見えた。 体力が尽きるまで遠くへ飛んでいくのだろうか? 終の住処を見つけ、束の間の生を全うするのだろうか? 最後の1匹  12月21日 わたしが目にした最後のスズメバチです。 1 2019.12.21 11:24 左の羽根がない。 飛べない。  巣内で死にたくない、 巣内で死んではならないのだろうか。 寒いのに、、、 寒風を少しでも避けるためでしょうか、 巣口と反対方向へ移動した。 2 2019.12.22 15:42 翌日も昨日とほぼ同じ位置に動かずにいた。 暖房の部屋で砂糖水を与えたい思いがあったが、、、、 自然の死の看取りをすることにした。 翌日 3 2019.12.23 9:28 動かずにじってしたままだった。 そして2時間20分後 4 2019.12.23 11:46 落下していた。 巣から出て、48時間24分後
2020.1.6



私の今日この頃

(1) ..... (2) ..... (3) ..... (4) ..... (5) ..... (6) ..... (7) ..... (8) ..... (9) ..... (10) .....

(11) ..... (12) ..... (13) ..... (14) ..... (15) ..... (16) ..... (17) ..... (18) ..... (19) ..... (20) .....

(21) ..... (22) .....